カーポートの設置について

カーポートには、防犯性の高さや、積雪・防風・雨天対策や鳥の糞対策ができるといった利点があります。

 

また、オシャレなカーポートを設置することによって

駐車場の見栄えをより良くすることもできます。

カーポートのタイプ

『折版屋根』

『折版屋根』は、かなり高強度であるため、積雪量が多い地域では、積雪対策としてよりオススメなものになります。

積雪強度は50cm程で、水のはけがよく、雨風に強いのもメリットの1つです。

また、無駄がなくよりシンプルな印象の作りに仕上げることができます。

『ポリカーボネート屋根』

『ポリカーボネート屋根』は、近年急激に普及しているものです。

プラスチックなので、強度面で不安に思われがちですが、

耐衝撃性はガラスの約250倍、耐熱温度は約130℃とかなり強度の高い素材となっています。

 

屋根を透明にできることにより、日光を駐車場内に取り入れることができます。

また、紫外線をほぼ100%カットすることが可能です。

カーポートの設置方式

『片側支持タイプ』

『片側支持タイプ』は、片側のみに柱が立っているタイプで、

駐車場スペースが限られている場合でも設置することができ、工事費を抑えることができます。

その中に、『後方支柱タイプ』があります。

こちらは、狭小地・変形地にも設置することができるタイプになります。

『両側支持タイプ』

『両側支持タイプ』は、両側に柱を設置するため、より安定感のある作りにすることができます。

そのため、積雪対策や防風対策をしたい方にオススメなものになります。

『M合掌タイプ』(複数台用)

『M合掌タイプ』では、左右で横幅が異なるカーポートを設置することができ、

様々な敷地に対応することが可能です。

『Y合掌タイプ』(複数台用)

『Y合掌タイプ』では、中央部分に柱を設置するため、

障害物があり、両端に柱が設置できない場合でも、カーポートを設置することができます。

また、左右非対称に設計することが可能になるため、よりバリエーション広がります。

施工方法・手順

1.柱が立つ位置に穴をあけ、底にプレートを敷き、柱を立てます。

柱を立てる際に、片側の柱の部分にモルタル(セメントと水を混ぜたもの)を流し込み、柱を固めます。

(もう片側は、骨組みを設置する際に調節させるため、後ほど固めます。)

 

2.1日後にモルタルが固まり、柱同士をつなぎ合わせ、骨組みを作ります。(この段階では仮止めです。)

 

3.固めていないほうの柱の位置を調節し、モルタルで固めます。

 

4.屋根パネルを設置し、仮止めしていた柱を本止めします。

 

5.水平器で、柱が垂直に立っているかを確認し、もう片側の柱にモルタルを流し込んだら完成です。

施工する際の注意点

車の大きさによりカーポートの大きさも異なってくるため、

まず、車のサイズを必ず確認しましょう。

 

また、駐車方法や車の台数によりカーポートのタイプが異なります。

積雪対策や防風対策もあらかじめ考えておくと良いでしょう。

無料お見積りお気軽にご相談下さい!

⋯無料通話⋯

 ☎:0800-100-8282

受付時間:10:00~22:00(土日祝もOK)
※タップで電話がかかります
 

友だち追加

お友達登録いただきますと、あすなろ外構工事店よりトークにメッセージが届きますので、トークに返信する形で、お問合せください。ご質問だけでも大丈夫です。無料お見積り・お問い合わせはお気軽にご相談ください。

よく見られているページ